PROGRAMMING Python

Pythonと開発環境をインストールする方法 for Windows

更新日:

皆さんはPythonを使って、やりたいことが明確になっていますか?

Pythonは、Webアプリ制作からデータ分析など幅広く応用できることが言われています。私は現在の会社での業務効率化への活用と将来、データ分析に関わる仕事にも活用できる環境を構築することにしました。

Pythonについては、前回まとめてみましたので、気になる方はチェック下さい。
Pythonの特徴やメリット:https://nimorlog.com/prog-choice/

今回、インストールするもの

・Anaconda
・PyCharm

※Visual Studio Codeも使ってみましたが、設定から実行やデバックなどの使い方を、PyCharmと比較すると不便に感じるので、Pycharmをおすすめします。

Anacondaインストール

AnacondaはPython本体とデータサイエンスのライブラリが含まれているので、やる可能性が少しでもあるなら、入れておいて損はないと思います。
Anaconda HP:https://www.anaconda.com/download/

上記サイトへアクセスし、下にスクロールすると、以下の画面が表示されますので、「Python 3.* version」をDownloadしましょう。
Python2は2020年頃にサポートが切れるので、これから入れる方は、Python3がよいかと。
OSが32ビットか64ビットかで、Downloadするものが異なります。
私のパソコンは64ビットなので、□で囲った64ビットをDownloadします。

OSのビット数確認方法:https://support.microsoft.com/ja-jp/help/958406

Downloadが完了したら、インストーラを起動し、
Next > I Agree > Next> Next>Install と進めてください。
最後のInstallの時に、2つのチェックボックス(環境変数PATHへの設定、Python3.6をデフォルトとして登録)にチェックを入れておいてください。

環境変数PATHへの設定は、赤字で非推奨となってますが、後から不要なPATHを削除すればよいので、気になる方は、下記の処置をして下さい。

参考:環境変数の編集方法

タスクバーの検索ボックスに「環境」を書き込むと、下記の「環境変数を編集」が検索できますので、起動してください。

 

起動すると以下の画面が出まので、Pathを選択し、編集をクリックして下さい。

先ほどのPath設定にて、5つ設定されています。
この内のAnaconda3とScriptsは設定が必要なため、そのままにし、それ以外の3つを削除ボタンで削除ください。

以上で、Anacondaのインストールは終了です。
無事にインストールが完了したか、確認しましょう。
まずはスタートメニューに「Anaconda Navigator」を筆頭に関連ツールが格納されていることが確認できましたか?

次に上記にある「Anaconda Prompt」でPythonが入っているか確認します。

「Anaconda Prompt」を起動したら、[python]と入力し、Enterして下さい。

pythonとバージョン情報、Anacondaが表示されていることが確認できたでしょうか?これで、Anacondaのインストールの確認が完了しました。

続いて、PyCharmをインストールしましょう

PyCharmインストール

PyCharmはPythonとDjangoのIDE(統合開発環境)で、触ってみると分かりますが、初心者には直感的に操作ができます。設定も特に迷わず直ぐに使えました。

では早速インストールをしていきましょう。https://www.jetbrains.com/pycharm/download/#section=windowsから、無料のCommunity版をダウンロードします。

上記サイトにアクセスすると、以下のような画面が表示されます。下記のCommunityのDOWNLOADボタンをクリックして下さい。

ダウンロードが完了したら、exeファイルを起動して下さい。
インストーラーが起動したら、Next> Next> Next> Installと進めていけばよいのですが、以下の画面が表示されたら、Create Associationsの.pyへチェック入れてください。

もしOSが32ビットの方は、「Download and install JRE x86 by Jetbrains」にもチェックしてください。公式サイトでJREが必要とアナウンスされています。

以上で、PyCharmのインストールが完了しました。
スタートメニューにあるJetBrainsにあるPyCharmを起動しましょう。

起動すると、下記が表示されます。
設定をインポートするか聞いていますが、初めての方は何もないので、そのままOKをクリックして下さい。

その他の設定は後で設定できますので、そのまま進んでください。

最後にプロジェクトを新しく作成します。
「Create New Project」をクリックして、データを保管するフォルダの名前を設定して、「create」ボタンをクリックしたら完了です。
私は「test」で作成しました。

最後に恒例のHello,World!を表示させましょう。
左上にある「File」を開き、Newをクリックし、「Python File」を作成ください。

Nameを聞かれますので、[hello]や[helloworld]など分かるように名前を付けたら、print("Hello, World!")をタイプし、Runして下さい。

Hello, World!

最後に

AnacondaとPycharmは、無事にインストールできましたでしょうか?
これで準備は完了です。

PyCharmの細かな設定は、下記リンクを参考にしました。ご参考に。
PyCharm設定:http://akiyoko.hatenablog.jp/entry/2017/03/10/082912

レクタングル(大)

レクタングル(大)

-PROGRAMMING, Python

Copyright© nimorlog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.