PROGRAMMING Python

プログラミングを学ぶならPythonがおすすめ

更新日:

 

こんにちは、nimoroです。

プログラミング言語って、何種類もあってどれを学ぶか迷いますよね。
システム,アプリ開発ならJavaやVB、組込み,制御開発ならC,C++と、企業のエンジニアに求められるプログラミング言語は、正直・・・難しいです。

将来、ソフトウェアエンジニアを目指すなら、
当たり前ですが、プログラミングは避けては通れませんから、スクリプト言語であるPythonでプログラミング全般の知識を修得することをおすすめします。

※スクリプト言語:プログラムの記述や実行を比較的簡易に行うことができる言語の総称 英語のような自然言語に近い記述を用いており、理解しやすい。

特におすすめするのは以下の方

・プログラミング初心者(初めてor挫折経験者)

・Webアプリ開発からデータ分析など幅広い分野に興味がある,活用したい人

・モノづくりが好き。子供と一緒に楽しく学びたい人

プログラミング全般の知識が修得できてしまえば、他の言語を修得するのも早くなるので、まずは挫折せず続けることが重要と思います。

 

Pythonの特徴やメリットを3つ述べます。

1.読みやすさを重視して開発されたプログラミング言語

C言語と比較すると、
おまじないやmain関数を省略できたり、コード自体もシンプルになっているので、複雑なプログラミングを構成したり、読み解いたりするのがし易いです。

例で「Hello, World!」を表示する場合を以下に示します。
結果は、どちらも同じです。

 

C 「Hello, World!」表示

Python「Hello, World!」表示

文字数が圧倒的に違いますよね。
あとCには、printの後にfがついていたり、;(セミコロン)があったり、地味ですが、複雑にコードを書いていくとどっかでエラーが出て、記述ミスで延々悩んだりのループに陥る、何てこともありますから、その点でPythonを最初に学ぶにはおすすめですね。

最初の頃にエラーに慣れておくのも大事ですが、どこにどんなエラーが出ているのかを分かりやすく表示してくれる開発環境も大事なので、別途記事を作成するので、「PyCharm」を試してみてください。

PyCharmのインストール方法:https://nimorlog.com/python-inst/

2.各種アプリ制作からデータ分析まで汎用性が高い

Webアプリケーションやデスクトップアプリケーションなどに、Pythonは多く使われています。代表的な例としては、GoogleやFacebook、Youtube、Instagramなど、世界的に成功を収めているサービスに使われています。日本ではまだ少ないですが、求人でWebアプリの開発にPythonが条件になっているものもあります。

データサイエンスとよく言われていますが、データ収集と分析を行うのに、Python用ライブラリが多く公開されており、活用されています。

データ収集と分析ができれば、次のアクションを創出することができます。事業戦略や業務効率化などの目的のために活用することができるのですが、分析した結果を次のアクションに繋げることが、直感やひらめきといったAIでうまく処理できない部分となるため、将来、重宝される職種としてデータサイエンティストが注目されています。
報酬も良いらしいので、狙い目かもしれません。

その他、組込みアプリにも活用されており、「micro:bit」や「ラズベリーパイ」などに使用されています。

3.micro:bit,ラズパイ等の学習用教材で、応用の仕方が学べる

モノを触りながら、自分が書いたプログラミングが動作する所を見たくありませんか?

「micro:bit」と「ラズベリーパイ」は、本体と拡張する部品がネットなどで安く入手できるので、少しずつ拡張しながら、センサで温度などを検出して、LEDを光らせたり、モータなどを動かしたりできるようです。学習用教材なので、子供と一緒に遊び感覚で学ぶのもありかと思います。ニンテンドーLaboのイメージで、今月は段ボールとかを組み合わせて、車を作ってみようとかやってみても面白そうですよね。

micro:bitなら3,000円程度。ラズパイなら9,000円程度。
どちらもPythonに対応してますが、まずは初期費用の安いmicro:bitでお試しすることをおすすめします。

購入前に下記micro:bitのHPでデモができます。残念ながら、JavaScriptブロックエディタでしか、micro:bitがどういう動作をするか確認できませんが、イメージはつかめると思います。

micro:bitホームページ:https://microbit.org/ja/code/

最後に

2020年までには、百万人のプログラミングに関する職に空きが生じると推定されています。小学校でも2020年からプログラミング教育の必修化が始まるとも言われており、ダンスと同じようにプログラミングがフォーカスされ、やっていないと話題に取り残される、何て時代が来るかもしれません。

就職や転職、副業などを考えている方は、プログラミングを修得し、ソフトウェアエンジニアやデータサイエンティストを目指してはどうでしょうか?
もしそれ以外の分野に就職することになっても、プログラミングで培った問題解決力等が活用できると思います。ソフトやっている人と仕事をしていると、肌で感じます。

Pythonはオープンソース(無料)なので、パソコンがあればすぐにでも始められます。
今日からプログラミングを始めましょう。
私も頑張ります。

レクタングル(大)

レクタングル(大)

-PROGRAMMING, Python

Copyright© nimorlog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.