COFFEE

ハンドドリップコーヒー器具のおすすめ

更新日:

ハンドドリップでコーヒーを入れるといっても、方法はたくさんあります。
ネルドリップやフレンチプレス、エスプレッソなどありますが、今回ご紹介するのはペーパードリップです。

ペーパードリップでコーヒーを入れるのにおすすめな器具を紹介

自宅で美味しいコーヒーが、安く長く使えるおすすめな器具をご紹介します。ペーパードリップを始めてから、もう5年が経過しました。
毎日ハンドドリップで入れている私が、初心者の方におすすめの器具をご紹介します。
ぜひ豆から、挽き立ての粉にしてコーヒーを入れてくださいね。

必要な器具

・ドリッパー(+ペーパーフィルター)

・サーバー

・細口ドリップポッド

・コーヒーミル

上記以外にも、お湯を沸かすのに、私は電気ケトルを使用してます。

ドリッパー(+ペーパーフィルター)のおすすめ

ドリッパーは、ハリオ社製の円すい形がおすすめ。
特に私がおすすめするのは、V60のセラミック(材質:磁器)です。
理由としては、コーヒー粉へ均一に熱伝導できる点と耐熱性があり長く使える点、ガラスに比べ安い点です。

熱伝導率(W/mk)
磁器:1.5 >耐熱ガラス:1.2 >AS樹脂:0.15

サイズは、主に使うシーンに合わせて選定すればよいですが、02サイズをおすすめします。
1日1杯だけしか飲まない人は、01サイズで。

02サイズ(1~4杯用)ドリッパーと専用ペーパーフィルター(ECサイト:Amazon)
HARIO (ハリオ) コーヒードリッパー V60 02 セラミック
価格:1,338円(2018/10/08時点)
HARIO (ハリオ) V60用 ペーパーフィルター 02W 1~4杯用 100枚入り ホワイト
価格:316円(2018/10/08時点)

サーバーのおすすめ

サーバーは、ハリオ社製V60レンジサーバー600mlがおすすめ。
ただサーバーは、容量と値段、好きな形で決めればよいです。
私は以下の要件を満たし、かつ形が気に入って購入しました。

容量は600ml以上で、サーバーの口径は90mm以下で選んでください。
材質はガラスがおすすめです。見た目がおしゃれですし、保温性も高いので。

V60レンジサーバー600ml(ECサイト:Amazon)
HARIO (ハリオ) V60 レンジサーバー コーヒードリップ 600ml クリア
値段:1,566円(2018/10/08時点)

細口ドリップポッドのおすすめ

細口ドリップポッドは、ハリオ社製V60ドリップケトルヴォーノ600mlがおすすめ。
サーバーと同じく、容量と値段、好きな形で決めればよいです。

容量は600ml以上で、注ぎ口が細口を選んでください。

V60ドリップケトルヴォーノ600ml(ECサイト:Amazon)
HARIO (ハリオ) V60 ドリップ ケトル ヴォーノ コーヒー ドリップ IH 対応 600ml
値段:3,122円(2018/10/08時点)

コーヒーミルのおすすめ

コーヒーミルは、bodum社製コーヒーミルBISTRO電気式コーヒーグラインダーがおすすめ。
理由としては、エスプレッソ用の極細挽きからフレンチプレス用の粗挽きまで無段階に挽き方が調節可能な点とコニカル刃で低速に均一に挽くことができて、摩擦熱が発生しにくいという点です。
上記うたい文句に惹かれて、購入して使ってます。
3~4年くらい使ってますが、問題なく使えてます。

コーヒーミルBISTRO電気式コーヒーグラインダー(ECサイト:Amazon)
bodum コーヒーミル BISTRO 電気式コーヒーグラインダー
値段:12,795円(2018/10/08時点)

最後に

おすすめの器具をご紹介しました。
どれも今だ現役で、毎朝、活躍しています。これから購入を検討している方はご参考に。

では、良きコーヒーライフをお過ごしください。

レクタングル(大)

レクタングル(大)

-COFFEE

Copyright© nimorlog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.